よくある質問

プロパティマネージメントについてプロパティマネージメントについて

最近空室が目立つようになりました。どうしたらよいでしょうか?

空室が目立つようになったということは、思うような集客もできなくなっているケースが多くあります。まずは集客できない原因を考えてみましょう。
原因は様々な理由があります。その原因ごとに対策が違いますので、原因追及はとても大切です。
たとえば、設備が問題であれば、オーナー様のご予算に応じて優先順位の高い設備からリニューアルをご提案させていただきます。リニューアルで大切なことは、費用対効果を意識することです。
費用対効果を意識することで、効率の良いリニューアルをすることができ、結果集客に結びつきます。

最近近くに競合物件ができました。どうしたらよいでしょうか?

まずはしっかり相手を知ることが大切です。確かに相手は新築ですからこの部分では負けてしまいます。
だからといってすぐに賃料を値下げしてしまうのは危険です。ご自身の物件の強みと弱みをしっかり把握して競合物件との比較をしっかりしましょう。意外とオーナー様は物件の強みを把握していない方が多くすぐに賃料をさげてしまいます。賃料はいつでも下げることは可能ですが、連動して収益が悪化してしまいます。賃料対策は最終手段です。ご自身の強みを生かし、ターゲットを絞り集客をしましょう。

オフィスビルでも管理委託はできますか?

弊社の長年の経験を活かすことでどのようなタイプの不動産でも対応は可能です。
弊社のこだわりはすべてのメニューを内製化しております。1社完結で作業することで、全体的なロスを最小限に抑えます。
また過去の実績を社内で共有化することできめ細かなサービスを行うことが可能です。

現在他社で契約しています。比較検討はできますか?

長年継続的に契約していると無駄が生じやすくなります。小さな無駄の積み重ねが大きな無駄になります。
費用的なことも大切ですが、一番大切なことは、建物の資産価値を最大限高めることです。
オーナー様のご要望を最大限実現できるプランを提案させていただきます。

建築物の遵法化とはどのようなことですか?どのような報告書などが必要ですか?

ビル管理にかかわる法律は、建築基準法・消防法・電気事業法・水道法・ビル衛生管理法など様々な法律の順守が求められます。
近年コンプライアンスがとても大切になってきております。
特に法で定められた定期報告書等のお届けはお済でしょうか?私たちはこのような煩わしい届け出や報告書の提出をサポートさせていただきます。

管理委託契約の費用はいくらになりますか?

建物の築年数、世帯数や規模等により費用は変わります。
お見積りはオーナー様にわかりやすく項目毎に単価を提示させていただきます。もちろん、作業内容も詳しくお伝えします。
現在の契約金額より安く、管理内容を向上させることが私たちのモットーです。

不動産投資・運用・収益でのお悩みはこちらにご相談ください! 不動産投資・運用・収益でのお悩みはこちらにご相談ください!